スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

発生・胎生学ワークショップ@京都花背

もう2週間経ってしまいましたが、お休みをいただき、京都でのロルフィング®︎ワークショップに参加してきました。ヒトの受精卵が子宮に着床して胎児になるまでの一部分を、今の自分の身体で、動きで、体験&探求する。というのがテーマの2泊3日。

以下がワークショップの案内文です。

胎生学は、創造の物語です。この3日間の体験ワークショップでは、胎生学(胚)の発達を知る基本的な流動過程を探ります。 Movement、探求、イメージング、瞑想を通して、私たちの、本来のWholenessに触れていきます。私たちのWholenessの深化感覚を養う形状および発生学的力の探求を行います。この探求は、このシステム内の理解を発見したい人に開かれています。 形成の流れは、人類創造の一次発火への入り口を開くことでもあります。 我々は、胚の起源に触れることで、生命力の根底にある力が自分自身を明らかにします。

27名の参加者と、講師陣、通訳、コーディネーター計5名と寝食共に過ごす合宿型。参加者の約半数がロルファーで、半数は様々なバック・グラウンドを持った(基本的には何らかのカラダ関係のお仕事の)方々でした。同じワークをしても、それぞれ目の付け所や気づきを得るところが違ったりして、新鮮かつ面白かったです。

絨毛膜になってみる。卵黄嚢、尿膜、羊膜を感じてみる。なんじゃそりゃ?という感じですよね。私は、それぞれの働きを、イメージで「あるつもり」になって、何というか、、「演じてみて」体験するものだと思ってました。やってみるまでは。

ところがそれらは、今も「ある」んです。その物質自体はもちろんないけれど、演じるのではなく、まさに現れてくる。それを待つ。その機能や質感は直に体験できるものでした。ビックリです。そしてそれは成人の今もとても役立つもので、けれど気づかないと「ない」ものになってて使えない。でも、ある!

(サングラスを額の上にかけながら、「あれ、サングラスがない、ない。どこだろ??」と探すようなものかなあと思ったのですが、ちょっと違いますね)

具体的なワークも座学的知識もいろいろ学んだのですが、私にとっての一番の衝撃はそれでした。知覚の問題。正直言うと最近は、「感じること」「気づくこと」「心と身体はつながっていること」に少々飽きていました。「まあ、そうなるよねえ」というような、先が見える気になってしまう感…

量子波ヒーラー養成講座に行ってきました

マスターヒーラー小林健先生による量子波ヒーラー養成講座、10/5(金)に基本編、14(日)に中級編を受けてきました。週末には上級編も開催されますが、私はしばし練習を重ねてから次の機会にでも参加しようと思っています。

知覚にアプローチする目的で「触れないワーク」は普段から行っているので、「見るだけで人が変化する」こと自体は普通のことなんですが、よく言われる「もらっちゃう」ということについて考えてみたいと思ったのが参加理由の一つです。

世間話的に、セッションやセラピーの後、クライアントから、または施術者から、「もらっちゃった」という話はときどき耳にしますが、私自身はそれがどんな状態なのか正直よくわからないんですね。

よいセッションの後は気分も良く身体が内側から広がって、なんとなくニヤニヤすることもあるし、反省しきりなときは、ああすればよかった、こうすればよかった、、などと頭はくるくる高速回転で働きすぎて身体は丸まりたくなったりしますが、それは出来事に対する自分の反応だと思ってました。

それが、「もらっちゃった / あげちゃった」問題と関係している場合もあるらしいということで、その辺をもうちょっとクリアにしてみたかったのです。

健先生が言うところの「霊をつけない」はそれにあたりそうで、それが「ついてるか、ついてないか」がわかる人にチェックしてもらって、その自分の状態も知っておきたいと思ったのと、量子波ヒーリングは「つけない」ために有効だそうで、せっかくならその方法を学んでおくのもいいな、と。

結果、ついてる、ついてない、もらっちゃった、あげちゃったの件はクリアな実感としてはわかりませんでしたが、なんとなく自分の頭の作動する層が違いそうな気はしました。そして「つけない、もらわない、あげない」ためにすることは「自分自身でいること。」...本っ当にシンプルで真っ当で奥深い対策でした。

講座ではそのための実習、エクササイズがありましたが、本当に自分自身を尊重し続けることは、結構大変(笑)。意外とぞんざいに扱ってるんだなあ、、ということは実感しました(爆)。常に自分自身を尊重する練習、重ねていこうと思います。

ホームページ完成!

最後まであれこれ悩んでいたロルフィング®︎についての記述も終えて、ようやくオープンできました。うーん、感慨ひとしお。嬉しいです!とくに写真が気に入ってます(笑)。

ホームページを作るという作業自体が初めてで、、というか、9年前に1度、5年前くらいにも再び、Jimdoにトライしたものの、操作の勝手がわからず、面倒で投げ出しました(笑)。

そして今年はもう作らなきゃ!と思いつつも気乗りせず、先月ようやく取り掛かる気になって、まずはWiXで表紙のページだけ作ってみたんです。コンテンツを煮詰めず、とりあえず必要な情報だけ、と思ってやったら意外とサクサクできたのですが、途中から、と、とにかく重い(汗)。

Appleサポートの方に言わせると、私のMacはもう現役ではないそうで、その情報処理能力の問題もあると思いますが、後からコンテンツを煮詰めようにも編集、修正がままならず、再び投げ出しました(爆)。

そして迎えた下旬、なんとなくJimdoに再びアクセスしてみて、いいレイアウトないかなあと見ていたら、ちょっとなら自分でも手を加えることができると知って、手を加えれば好みの感じでいけそう!というレイアウトを発見。それが現在のサイトです。

文章は以前のHPから流用したものをとりあえず貼り付けていくと、一旦のページ構成ができました。そして、好きな写真選びと加工が楽しくなって、いろいろ貼り付けたり削除したりを繰り返すうち、操作の勝手がわかってきました。

そして、好きな写真を貼り付けてたらページ構成決まってきて、文章も変えたくなって、結局ほとんど書き直しました。この辺りが一番楽しかったです。先週のことです。

文章は、もう煮詰めるときりがないことに一昨日あたりに気づき、自分で締め切りを設定し、サイトをオープンすることを優先しました。文章他コンテンツは後からアップデートしよう、と。そんな経緯をたどって、昨日出来上がりました。

スマホ持ちではないので、スマホでの表示はプレビューでの確認しかできていないのですが、iPadでは、以前のサイトよりもかなり見やすくなりました。

でも今回、自分のセッションについて、ロルフィング®︎について、SE™️についてを見直す機会、言語化する良い機会にもなりました。言語化、もっとジャストにできたらなあ、、。今後もより洗練されるようにアップデートしていく予定ですので、宜…

ホームページを作成中〜もうすぐ完成。

9年前にロルフィング®︎の仕事を始め、なんだかんだとず〜〜〜っと、bloggerをいじったHP(もどき)でやってきましたが、さすがにスマホで見づらいし、当時書いてた内容も、基本的には変わらないものの表現の仕方が変わってきました。

春頃から、作らなきゃ作らなきゃと思い、Wix?Wordpress?外注にする?などなどと、ちょこちょこいじったり、検討したりしてきましたが、結局9年前にアカウントだけは作ったJimdoで自作することにしました。

一番悩んだのはレイアウト。しかし、レイアウトを決めたら結構作業は進んでいきました。最初は慣れなかった操作も試行錯誤を繰り返すうちにだんだん楽しくなってきて、ようやくJimdoさんとコミュニケーションがとれるようになってきました。

慣れてくるとJimdoさんの付き合いやすさがわかってきて、ある程度適当にやっても美しく整えてくれるありがたさに感謝の気持ちさえ湧いてきました(笑)。来週中にはリリースできる予定です。

サイトに使っている写真は全て自分で撮影したもの。自宅、ご近所、京都、西表島、バリ島、スリランカで出会ったものです。自分の好きな写真を選んだら、やっぱり屋号「花鳥風月」と被っています。

皆さまにご覧いただけるのが待ち遠しいです << 早くやれって話ですけどね。もうちょっとです!

4月から毎月千葉の海に入ってます

7月頭に西表島への旅行を予定していたのですが、飛行機が石垣空港に着陸できない(!)というアクシデントにより中止となりました。普段ほとんど投稿することがないFBに、思わず書き込んでしまったその日の気分を、少々修正して以下に転載します(笑)。

------------------------------------------------
今日、日帰りで「石垣島上空遊覧1.5hの旅」をしてきた。朝7:30に家を出て、石垣島を上空からたっぷり見て、22:30に帰宅。見方によっては、なかなか贅沢な旅といえるでしょう。

身もふたもない実際のところ、成田空港から石垣島上空まで3時間半かけて飛んで、悪天候のため着陸できず、1時間半上空旋回しつつ、2度ほど着陸にトライしたものの「豪雨で滑走路が見えない(!)」ということで急上昇。そして時間切れ?燃料切れ?のため、一旦、那覇に向かう。

そして、那覇到着前のアナウンス。「那覇で一旦降機していただき、給油ののち、成田に引き返すことになりました。」、、、たしか、成田-石垣って、国内線で最長距離だと思うのよね。それ、行って帰ってきたのよね。結局欠航扱いになったので、タダで。飛行機を飛ばすって、なかなか壮大な博打ですね。

写真は、旅先で唯一地面に降りた、那覇空港LCCターミナル前。この飛行機に1日中乗っていた、意味不明な面白い日だった。まだ狐につままれている。
------------------------------------------------

結構珍しい経験だし、結局、島にたどり着いたとしても、大雨&大時化。なおかつ、帰路に着く予定の日には台風マリアがやってきたので中止となって良かったのですが、海欲が宙吊りに。

そのせいだけではありませんが、4月から毎月、SUP or サーフィンで、千葉の海に入っています。検見川浜、勝浦の海岸、九十九里浜。とくに勝浦は、場所を選べばかなりキレイです!

今年は毎回ロルファー™️仲間と一緒なので、身体の使い方談義や、周囲の環境が心身に及ぼす影響、自然の中にある形の法則などなど、あーだこーだ探究するのも楽しい。来月まではもう一度くらい海、入れるかな。

今年の夏は暑かった!根深い問題も熱かった!!

すっかりブログを更新せず、平成最後の夏が過ぎてしまいましたが。

いや、今年の夏は暑かったですね。7月を待たずに梅雨明け、からの猛暑。夏が、暑いのが大好きな私でさえ、ときどきバテるほどでした。

全部暑さのせいにしたいものの、自分自身の根深い問題にも向き合わざるを得ない状況で、交感神経が常時高止まりっぽい、静かにハイテンションな日々を送っていました(おかげで痩せました!)。

そんな中、不思議とセッション中は穏やかにいられる時間で、いつも以上にありがたくお仕事させていただいておりました。ロルフィング®︎、SE™️、やっぱり楽しいです。

さて。「自分自身の根深い問題」について。おそらく、今年の3月に終えたソマティック・エクスペリエンシングの3年間のトレーニングで、それ以外についてはあまり問題ではなくなってきたから浮上してきた、浮上できてきたものではないかと思っていますが、、、

それを象徴する出来事が、7月にいくつかありました。

1)アイスのジレンマ

仕事場に行く前にセブンイレブンで買い物したら、クジを引くことになってアイスが当たった!当たったのも嬉しいし、アイスも好きなんだけど、仕事場に冷蔵庫はなくお腹も空いてないという状況。

>>> 結局食べて、気持ち悪くなった(汗)。
>>> でも、「当たり」を経験した今、「ハズレ」は悔しい(笑)。


2)「予定通りにいかない」「希望が通らなかった」ことが、結果的には大正解だった。

さらに言えば、予定通りに行ってたら、希望が通っていたら、あまり好ましい状況ではなさそうだった(汗)。それでも!「予定通りにいかない」「希望が通らなかった」ことが悔しくもあったのです(笑)。

うーん、面倒くさいですね〜〜(爆)。ふと気づくと、この件に関しての活性化 >> ディスチャージを繰り返し、セルフSE™️セッションが自動的に何度も行われておりました。ただでさえ猛暑なのに、さらに熱くしてました!!

気温が落ち着くのに伴っているのかどうなのかは定かでありませんが、それもだんだん落ち着いてきて、今、問題は、乾いた感じの剥き身になってきています。つまり、割とハッキリしてきた感じで、一緒に居やすいといえば居やすい。

秋の気配もやってきたので、しばらくの間、乾いた感じの剥き身になった問題と一緒に過ごしてみようと思います…

ロルフィング®︎体験イベントのお知らせ

ロルフィングDays2018〜ロルフィング®︎体験版ショートセッション@アースデイちば

日時:5月27日(日)10:30-16:00

2013年より、ロルフィング®︎の創始者 Ida Rolf博士の誕生日(5月19日)にちなみ、「ロルフィングDays」と銘打って、5月の1ヶ月の間に、日本各地で、ロルファー™️主催のワークショップなどのイベントが開催されています。今年の各地のスケジュールは、日本ロルフィング®︎協会 のサイトにてご確認いただけます。

今回出店させていただく「アースデイ」というイベントも、毎年日本各地で行われています。地球環境について、持続可能な社会について考える日。考えること、行動することはとても大切なことだと思います。そしてそれらは、私たち自身の「身体」という、最も身近で有機的な「環境」に意識的になることで、自ずと体現化、実現化していくものだとも思っています。

今年、私は以下のような内容で「アースデイちば」に参加します。屋外でのセッションはいい ♬ ですよ。また、千産千消を実践する飲食店や手作りクラフトの販売などなどetcの出店もあります。のんびりとピースフルな1日を楽しめると思いますので、みなさまのご来場をお待ちしています。晴れるといいなあ!

「ロルフィング®︎体験版ショートセッション」について

ロルフィング®︎は、主に筋膜という結合組織と知覚に働きかけて「重力と調和した身体(=地球上で生きること自体をセラピーにできる身体)」を目指すボディワークです。身体を通して自ら気づく「快適さ」や「心地よさ」を選択していけるように促す、身体教育(ソマティックなエデュケーション)でもあります。

今回は、30分の体験版ショートセッションをご提供します。まずは、身体の重さを重力方向(=地面に、地球に)にゆだねること。そして、それをご自身が感覚すること。すると、身体が自ら整っていくこと。それらを体験していただきたいと思います。

セッション後の会場では、クローバーの花や潮風の匂い、太陽の光や影、そこで出会ったりすれ違う人たちetc、「自分の皮膚の外側の環境」との関係も、ほんの少し変化していることに気づいていただけるのではないかと思います。

参加ロルファー:植草清美
会場:第18回アースデイちば@稲毛海浜公園(千葉県千葉市)
https://www.earthday-chiba.org
料金:…